葉酸と妊婦の密接な関係

葉酸のすべて!効果と副作用がわかる

葉酸と妊婦の密接な関係

スポンサードリンク

.

妊婦にとって重要な葉酸

妊婦

葉酸は日本においてはまだまだ知られていない栄養素ですが、妊婦にとってはとても関係の深いものです。特に妊婦は医師から葉酸の摂取を勧められます。それは、妊娠初期に葉酸は不足すると、神経系の障害を持つ子供が生まれる危険性が高まるとされているからです。葉酸と妊婦の関係が密接なのは、母子手帳に葉酸の必要性が記載されていることからも分かります。妊婦は胎児奇形の発生予防のために1日400μgの葉酸の摂取が必要とされています。もちろん、葉酸は妊婦だけに密接に関係する栄養素ではありません。葉酸は妊娠を望む女性に積極的に摂取してほしい栄養素です。


ページのトップへ ▲

妊娠初期に必要なのはなぜ?

胎児

妊婦にとって密接な関係ある葉酸は、特に妊娠初期に必要だと言われています。それは、妊娠初期は人間の成長においてもっとも細胞分裂がさかんに行われる時期だからです。受胎して2〜4週間くらいまでが細胞分裂が非常に活発に行われる時期。この時期に葉酸が不足すると無脳症や神経閉鎖障害による病気が起こる危険性が高くなるといわれているのです。しかし、妊娠に気づく頃にはその時期を過ぎてしまうことがほとんど。胎児の神経系の病気の危険性を少なくするには、妊婦になってからではなく、少なくとも妊娠1ヵ月前からの葉酸の摂取が望ましいのです。欧米では、妊婦、妊婦でないに関係なく、女性は日頃から葉酸の摂取を心がけているそうです。日本の女性も見習いたいですね。


ページのトップへ ▲

胎児の異常と密接な関係にある葉酸

葉酸

胎児の異常と葉酸は密接な関係にあります。葉酸が不足したままの状態でいると、胎児が正常に発育できなかったり、神経系の病気を発症するおそれがあるのです。そのうちの一つに二分脊椎症という病気と密接な関係があります。二分脊椎症とは、椎弓が先天的に融合不全を起こすことで脊柱が欠損している状態のことをいいます。妊婦のお腹にいる胎児の1万人に3〜5人はこの症状を持つと言われています。先天的な脊椎骨の形成不全によって、下半身不随や無脳症などの症状が出てしまいます。このようなリスクを避けるためにも、必要な量の葉酸を摂取することはとても重要なことなのです。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 葉酸-ホーム | 葉酸(ようさん)とは? | 働き | 効果 | 必要な摂取量 | 妊婦 | ホルモンバランス | 食品 | 摂取するレシピ | サプリメントの効果 | 危険性と副作用 | 引き起こす病気 | ガン予防 | 腰痛・肩こり予防 | 葉酸不足とうつ病 | 葉酸欠乏症 | 治療法 | 美容 | カルシウム | ネイチャーメイドのサプリ | DHCのサプリ |

Copyright (C) 葉酸のすべて!効果と副作用がわかる All Rights Reserved.