葉酸はどのような効果がある?

葉酸のすべて!効果と副作用がわかる

葉酸はどのような効果がある?

スポンサードリンク

.

貧血症の予防効果のある葉酸

動悸

貧血に効果があるのは鉄分と言われていますが、一方で葉酸やビタミンB12などのミネラルや良質なタンパク質が不足していることで引き起こされているかもしれません。葉酸には造血作用があります。葉酸を摂取することは貧血症の予防に効果があると言われています。また、悪性貧血の予防にも効果があると言われている葉酸。悪性貧血とは、貧血による症状のほかに、めまいや手足のしびれ、動悸や筋力の低下、さらには知覚障害やイライラ、無気力、記憶力の低下などを引き起こす貧血です。葉酸はこのような悪性貧血の予防にも効果があると言われています。


ページのトップへ ▲

口内炎にも効果のある葉酸

口内炎

葉酸はDNAの生成や修正に大きく関係する栄養素です。DNAは遺伝情報を保持し、遺伝情報どおりの細胞を生成するよう指令を出します。葉酸はDNA生成に大きな関わりを持つとともにDNAの正確な作成にも一役買っています。DNAは活性酸素などの影響で正しく作成されないことがあります。この時、酵素の働きで新たに作成されるのですが、その働きには葉酸の働きが大きく関わります。腸内の粘膜は新陳代謝のサイクルが早いので、葉酸が不足すると影響が出やすく、作成が失敗すると潰瘍ができます。口の粘膜も同様に口内炎を引き起こす原因となります。粘膜に大きく関係する葉酸が、潰瘍防止効果や口内炎の防止効果があると言われているのはこのためです。


ページのトップへ ▲

成長期の子供に効果のある葉酸

妊娠初期

タンパク質や細胞の新生に必要な核酸をつくるのに重要な働きをする葉酸は、胎児の発育や子供の成長に大きな効果があると言われています。特に、妊娠初期に葉酸を適切に摂取ることで、胎児の神経管欠損という先天異常のリスクの軽減に効果があると言われています。葉酸が不足しやすいのは妊婦のほかに、アルコールを大量に飲む人、経口避妊薬やアスピリンなどを常用している人です。それらの人は悪性貧血をはじめ、胃腸障害、抜け毛、脱毛、下痢、肌の黄ばみ、抵抗力の減退、胃炎、腸炎などに効果があると言われている葉酸を不足させないようにしましょう。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 葉酸-ホーム | 葉酸(ようさん)とは? | 働き | 効果 | 必要な摂取量 | 妊婦 | ホルモンバランス | 食品 | 摂取するレシピ | サプリメントの効果 | 危険性と副作用 | 引き起こす病気 | ガン予防 | 腰痛・肩こり予防 | 葉酸不足とうつ病 | 葉酸欠乏症 | 治療法 | 美容 | カルシウム | ネイチャーメイドのサプリ | DHCのサプリ |

Copyright (C) 葉酸のすべて!効果と副作用がわかる All Rights Reserved.