葉酸の働きとは?

葉酸のすべて!効果と副作用がわかる

葉酸の働きとは?

スポンサードリンク

.

葉酸の働きが注目されている理由

胎児

葉酸はビタミン12とともの赤血球の生産を助ける造血の働きがあるビタミンとして知られている栄養素です。また、細胞のホモシステインというアミノ酸が、タンパク質の合成に必要なメチオニンに変換されるのを助ける働きや、核酸の合成にも作用する栄養素です。葉酸には、細胞の生産を助ける働きがあることから、遺伝情報の元であるDNAの生成に関与し、細胞分裂の段階で重要な働きをしていると言われています。葉酸が欠乏すると、核酸が合成されず、DNAの形成や細胞部裂が妨げられることになり、退治や乳幼児の発育に影響するのです。胎児の発育に不可欠で、妊娠中の人や授乳期のお母さんにとって葉酸はとても重要な栄養素とされています。


ページのトップへ ▲

葉酸の造血作用

貧血

葉酸は造血の働きを持つ重要なビタミンとも言われています。骨髄の中で活発な細胞分裂をすることから造血は行われるのですが、葉酸が不足すると細胞分裂の働きが鈍くなります。なぜなら細胞の核に多く含まれる核酸をつくるためには葉酸が必要だからです。核酸はあらゆる組織の細胞に必要なものですが、特に赤血球において葉酸が欠乏すると、成熟した赤血球が産生されなくなり、貧血を起こす原因となります。葉酸には赤血球をつくり、貧血を予防する働きがあるのです。


ページのトップへ ▲

胃腸粘膜を保護する働き

胃腸

葉酸の働きに細胞を新しく生成し、口の中や胃腸の粘膜再生を促す働きがあります。葉酸が不足すると、消化器系の粘膜に障害が現れます。粘膜は新陳代謝が活発なので葉酸の働きがとても重要なのです。また、葉酸にはホモシステイン減少作用があります。ホモシステインは血液中にたまり、動脈硬化の原因となり心筋梗塞などの心臓病や脳卒中を招きます。葉酸はビタミン12とともに、このホモシステインの血中濃度を減少させる働きがあり、心臓病や脳卒中の予防に効果があると言われています。葉酸とビタミンB6を摂取していると、アルコールを1日1杯程度飲む習慣のある人でも、心臓発作の危険が75%低下したというアメリカの研究機関の報告もあります。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 葉酸-ホーム | 葉酸(ようさん)とは? | 働き | 効果 | 必要な摂取量 | 妊婦 | ホルモンバランス | 食品 | 摂取するレシピ | サプリメントの効果 | 危険性と副作用 | 引き起こす病気 | ガン予防 | 腰痛・肩こり予防 | 葉酸不足とうつ病 | 葉酸欠乏症 | 治療法 | 美容 | カルシウム | ネイチャーメイドのサプリ | DHCのサプリ |

Copyright (C) 葉酸のすべて!効果と副作用がわかる All Rights Reserved.