葉酸摂取でガン予防

葉酸のすべて!効果と副作用がわかる

葉酸摂取でガン予防

スポンサードリンク

.

葉酸摂取はなぜガン予防になるの?

ガン細胞

葉酸摂取はガン予防に効果があると言われています。それは、葉酸には細胞内でホモシステインというアミノ酸がメチオニンというアミノ酸に変換される反応を助ける作用を持っているからです。メチオニンはタンパク質の合成や核酸(DNA)の合成にとても大きな役割を担います。葉酸はDNAの修復に関与していて、間違った遺伝情報を持つDNAがコピーされた場合、葉酸が不足していると修正できずにガン細胞になることがあります。こういった理由から葉酸が不足しているとガンになりやすく、葉酸摂取を積極的にしているとガン予防につながると言われているのです。


ページのトップへ ▲

葉酸摂取で結腸ガン予防

適度な運動

欧米に多いとされていた結腸ガン。近年では食生活の欧米化に伴い、日本でも結腸ガンが増えてきたとされています。食物繊維の摂取不足、動物性脂肪の過剰摂取が結腸ガンの要因です。便秘になると便が硬くなり、腸壁を傷つけるとい大腸ガンの確率も高くなります。葉酸は胃や腸の粘膜の強化作用があるので、腸壁を強くし、腸内環境を整えてくれます。葉酸摂取は結腸ガン予防にもつながるのです。葉酸摂取とともに、バランスのとれた食事や適度な運動をし規則正しい生活をすることで便秘を解消することが、結腸ガン予防になります。


ページのトップへ ▲

葉酸摂取は膵臓ガン予防にもなる?

イチゴ

胃の後ろにある長さ20cmほどの臓器・膵臓。膵臓は体の奥深い位置にあるため、検査がしにくく、特有の症状も現れにくいので早期発見が難しいガンと言われています。近年、果物などに含まれている葉酸を摂取することで膵臓ガンの発症リスクが下がるということが、スウェーデンの研究から明らかになったそうです。葉酸摂取量がもっとも高いグループは最も低いグループと比べると膵臓ガンの発症リスクが75%も低かったという報告がなされています。しかし、サプリメントからの葉酸摂取においては、膵臓ガン予防効果は認められなかったそうです。イチゴやサクランボ、キウイフルーツといった果物などの食品を長期に継続して摂取することが膵臓ガン予防になるということです。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 葉酸-ホーム | 葉酸(ようさん)とは? | 働き | 効果 | 必要な摂取量 | 妊婦 | ホルモンバランス | 食品 | 摂取するレシピ | サプリメントの効果 | 危険性と副作用 | 引き起こす病気 | ガン予防 | 腰痛・肩こり予防 | 葉酸不足とうつ病 | 葉酸欠乏症 | 治療法 | 美容 | カルシウム | ネイチャーメイドのサプリ | DHCのサプリ |

Copyright (C) 葉酸のすべて!効果と副作用がわかる All Rights Reserved.